Follow

『権力の日本人』橋本治を読んでる。
説得力はあるのだけど、ちょっと独断が過ぎるきらいがあったので、その部分を調べてみたら、おいおいちょっと、鵜呑みにできねえぞ、これ……だった。

思うに、司馬史観にしろ他の作家にしろ、独自研究が創作に近い領域に踏み込んでしまうという点に関しては、一般の研究者とそんなに変わらないと思う。
普通の研究者でも
「いや、それはちょっと根拠が薄弱」
な説は、けっこう言ってる。

司馬遼太郎氏にしろ、橋本治氏にしろ、あるいは小林よしのり氏にしろ、罪深いのは作家であるがゆえに
「面白おかしく語る能力に長けている」
という点にあるのだろう。
ひとは楽しんで学んだことに懐疑的にならない傾向がある。

これは困った話ですよ。私なんかも
「読んでくれる人が、楽しんで読めるよう工夫しなくては」
と思うし。

· · Web · 0 · 0 · 3
Sign in to participate in the conversation
:don:

The place to express your ❤️ more freely. / あなたの「すき」をもっと自由に書き表すための場所。