エラスムス『痴愚神礼賛』読み終えた。ものすごい飛ばし読みでな。
徹頭徹尾、痴愚神モリアーが人間の愚かさこそ素晴らしいのだ、バカになれと逆説的な皮肉を延々と一人語りしているだけの内容。ところどころに「ふむ」と感じる所がないでもなかったけど、あまりの物語性の無さに、流し読みすらしんどくなって。

Follow

勉強になったのは道化について。あの、ファンタジーによく出てくる道化。私はアレをタイコ持ちのような、しゃべり専門のピエロだと思ってたけど、
「えぇ……王様おつきの道化って、ガチの知能障碍者やったん……えぇ……(困惑)」
という。
当時の王様は、周りにはおべんちゃらしか言わない人ばかりだから、普通の人間は友人に向かなかったらしい。
上手なウソがつけない、おせじを言わない程度の知能の人間をおそばに置きたかったっぽい。
闇かよ。人間の闇かよ。

· · Web · 0 · 0 · 0
Sign in to participate in the conversation
:don:

The place to express your ❤️ more freely. / あなたの「すき」をもっと自由に書き表すための場所。