固定されたトゥート

OCaml に Rust のツールチェインと Go のデプロイしやすさと Python のオフサイドルールと Haskell のモナドと静的ダックタイピング(事実上の型クラス)を足して、ファンクタを引いたような言語です

固定されたトゥート
固定されたトゥート
固定されたトゥート

F# の質問なんでも答えるマンなのでお気軽にどうぞ〜

固定されたトゥート

keybase.io/cannorin
BEGIN KEYBASE SALTPACK SIGNED MESSAGE. kXR7VktZdyH7rvq v5weRa0zkQG0D7J yxwvv4HMNH93i67 QbpdIGHY7xODiFu slPPfVIFs5XLsaY nvgbU7NhVPC408k DiI5c7ySXCvDJNf GY0s8mGEQoq5bSG 4n9jI4Nb3oIPVbS DehiDRWajtHQ3rB nWP71ZsOU0PbktN k9uLJ7EmzaW8f8C 5wDuESiYerJOqsZ nspaz8pobJjrwaV 5eWmT3Mnqa5W9LF uRpVxwhejCpSPJ3 G. END KEYBASE SALTPACK SIGNED MESSAGE.

F# 用の functorized な Set/Map を作った,比較関数がインライン展開されるのでクソ速くなります(標準の比較関数を入れると標準の Set/Map より速くなる)
github.com/cannorin/FSharp.Col

C++ のパッケージマネージャ buckaroo は F# で書かれています(cargo みたいで使いやすそう) - LoopPerfect/buckaroo: A C++ package manager that will take you to your happy place 🏝️ github.com/LoopPerfect/buckaro

Alice さんがブースト

type Foo =
| A of int
| B of int * int
| C of bool
| D of string

let f x =
match x with
| A x
| B (x, _) -> x + 1
| _ -> 0

f (A 41) // 42
f (B (0, 1)) // 1
f (C false) // 0

case 連打と or パターン,何がどう違うのか分かってないけど,多分 or パターンの方が柔軟な気がする

switch →パターンマッチでええやん(ML 民並の感想)

なお in- は un- に吸収されがちで残ってないことがある

in: ラテン語
un: 古英語
non: フランス経由で入ってきたやつ

Apple は林檎製品と LLVM 投げ捨てればだいたいカタがつくか

もっと見る
:don:

Mastodon hosted on mstdn.maud.io